2008年12月20日

温泉三昧

先週の土日は、温泉好きの上司と温泉旅行に行ってきた。秘湯好きの先輩も一緒で、普段とはちょっと変わった温泉旅行だった。もちろんサラリーマンとしてそれなりに気を遣いつつ…

まず最初に立ち寄ったのが、川古温泉
露天風呂のすぐわきを川が流れていて、とっても開放的。
しかも、混浴。ま、結構奥まった所にあるせいか、他に入浴客はほどんど来なかったけど。
冬に入るにはちょっと温度が低めな感じだった。ところが、湯上りのポカポカ感がジワリとあとからやってくる。さすが温泉。

その後、今回の宿である宝川温泉へ。人気の宿で、たまたま1部屋予約がとれて、今回の旅行となった。
宿に着いてとりあえず「日本一広い露天風呂」を満喫。その後地酒で一杯やってから夕食。一休みしてまた露天風呂。寝る前にもう一度露天風呂。翌朝、朝食前に朝風呂。そして、チェックアウト前に再度の入浴。2日間で風呂入り過ぎ。
R0010079_edited-1.JPG

雪が降る中、浴衣に裸足でサンダル履いて露天風呂までの通路を進む。草津に行ったときを思い出しつつ、明らかにその時の状況とは違う点を発見する。
基本的に露天風呂はほとんど混浴。露天風呂へ続く通路から、風呂の中が見渡せてしまうほど開放的な空間。しかも広い!!
生まれて初めての混浴に少々戸惑うも、「前は隠して紳士的に」の精神で満喫できた。

また行きたいな。水上駅からバスも出ているみたいだし。露天風呂最高!

帰りは「東洋のナイアガラ」と呼ばれている(らしい)吹割の滝による。
こちらでもマイナスイオンを存分に浴びる。
R0010083_edited-1.JPG R0010090_edited-2.JPG

それにしても、やっぱり群馬は遠い。本当は月曜日休みたかった・・・
posted by Kaname at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。